忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

砂糖を摂り過ぎた人の歯は スナック菓子のようにサクサク削れる

 人間は糖分をエネルギーに変え、生きるための活動を行っている。糖分が人間にとって必要なエネルギーであることは論をまたない。

 

 しかし糖分がエネルギーに変わるときにはビタミンB群を消費する。だから、糖分――中でも糖分以外の栄養素を含まない「砂糖」を摂り過ぎると、人体は急速にビタミンB群不足へ陥ることになる。そして、ビタミンB群が足りなくなると、人体は効率的にエネルギーを作ることができなくなり、細胞の活動が低下してしまうのだ。超音波スケーラー用チップ

 

「すると、骨の新陳代謝や、免疫細胞の新陳代謝が悪くなります。私は現在までに5000例以上の造骨手術をしてきました。そのたびに骨の状態を診て、体の健康状態を判断しています。この経験から、私が確かに感じるのは以下の3点です。砂糖を多量に摂取している人は骨が明らかに柔らかく、免疫力の低下により歯周病が悪化している。さらに、手術後の傷の治りも悪いということです。そしてこれら症状は、私の科学的知識とも合致しています」

 

 また、砂糖を摂りすぎるとカルシウム不足に陥る、とも考えられる。砂糖の過剰摂取により、体は酸性に傾く。人体はこれを戻そうと骨のカルシウムを使うため、骨が弱くなるのだ。辻本院長が言う。歯科研磨機

 

「マウスに大量の砂糖を摂取させると骨がボロボロになって弱くなる、という説もあります。私も施術のたびに実感しています。長期間砂糖を摂りすぎてきた患者さんの歯は、削るときの音が違い、まるでスナック菓子のようにサクサク削れます。また、インプラントは通常、骨に強固につくので除去しにくいのですが、骨がやわらかい方は歯を抜くより簡単に除去できてしまいます」

 

 そう、縄文人もモンゴルの遊牧民も、食生活が豊かではなく、糖分を摂りすぎてはいなかった。だから歯周病にならなかった、と考えることができるのだ。

 

 だが、糖分は人間の体に絶対必要な栄養であり、まったく摂らないわけにはいかない。そこで辻本院長は「ビタミンB群と一緒に摂取すること」を薦める。ビタミンB群を補うサプリもいいが、辻本院長は「食事から摂りたい」と話す。なぜなら近年、特定の栄養素だけを摂ってもポジティブな影響は弱く、雑多な栄養素を含む形――すなわち食事で栄養素を摂ったほうがポジティブな影響が強い、といわれているからだ。

http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2017/06/post-58fb.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R