忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

朝冷えすぎない対策を

タイマーをつけるならば、寝付きだけのわずかな時間だけでなく、冷房時間を十分にとることをおすすめする。せめてノンレムレム睡眠が12サイクル含まれる、いわゆる“コア睡眠”分、時間で言えば3時間程度はほしいところだ。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

エアコンはオンにすると速やかに温度が下がるが、オフにすると壁や家具からの輻射熱によって、再び温度が上がるのも早い。エアコンはオフになると、たちまち暑くなってしまうのだ。タイマーが切れて中途半端な時間に汗だくで起きてしまい、エアコンをまたつけて寝るということを繰り返していると、心拍変動も大きくなる。また汗がエアコン冷やされ蒸発し体温が奪われるなど身体への負担が増え、朝のだるさの原因となってしまう。電気料金もオンオフの繰り返しでは上がってしまうだろう。それならば、やや高めの温度、2628℃程度で一晩中つけていた方がよい。

それでも朝だるいならば、朝の冷えすぎが考えられる。女性や高齢者は、特に冷えを感じやすい。自分に合うように、カスタマイズする必要がある。エアーコンプレッサー

 

エアコンの設定温度を0.51℃上げてみる

送風の強さを下げる

除湿モードを使う

夜中34時頃にタイマーを設定する。それでもだるいならば、タイマーが切れる時間を30分~1時間早めてみる。

吸湿性に優れた、長袖長ズボンの寝着を使う

(半袖、パンツでは、体表が冷えてしまう)

こういった寝室環境の実験は、どうしても健康な若者に限られてしまうので、子どもや高齢者にとってはたしてどういう環境設定がベストなのかは、未解明だ。インターネットで出回っている快眠情報と比較して、自分に合った方法を工夫していただければと思う。

http://minkara.carview.co.jp/userid/2775584/blog/40074929/

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R