忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

小児歯科医療現場の課題解決を図る「ヴァーチャル・プレパレーション」とは?

ヘルスケア業界のVR/AR/MRの導入は、昨今では既に珍しくなく、多数の導入事例が紹介されている。
手術の事前シミュレーションによる精度向上や、医学生の教育を目的にした手術現場のVRライブストリーミング配信、恐怖症やPTSDの治療、患者の直観的な理解を促す3DデータのAR表示など、その用途は様々だが子供向けにもこのテクノロジーは活用されている。家庭用・歯科用超音波スケーラー
多くは子供の不安緩和を目的にしており、MRIの受診や予防接種など、今まで体験したことがない、または一度経験して痛みを感じ、怖いイメージを持ってしまった子供の恐怖感をVRを使って和らげるというものなのだが、既に海外では実施結果が報告されており、予防接種の事例をあげると、予防接種を行った子供の実に48%は痛みが和らいだと感じたようだ。
このように ”不安や痛みの緩和” にも一役買っているXRテクノロジーだが、日本でも同様の目的で小児歯科治療へのVR導入を進める企業がいるのをご存知だろうか? エアーコンプレッサー
本記事では、日本の小児歯科治療にVRを導入しようとしている株式会社BiPSEE 代表取締役 CEO 松村 雅代氏にお話を伺ってきたので紹介する。

インプラントといえども、その後の歯の状態が絶対的・永久的に保存されるわけではありません
PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R