忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

フッ素入り歯磨き剤を使う

 予防によって歯周病を重症化させないことは、結果的に疾患を抑えて、医療費削減にもつながります。

 

 正しい歯磨きのための5か条を示しましょう。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

 まず、フッ素入り歯磨き剤を使うことが重要です。歯磨き剤を選ぶとき、フッ素入りかどうかこだわらない人も多いようですが、歯磨きの目的は二つあって、歯の表面についたプラーク(歯垢しこう)を落とすことと、歯磨き剤の中にある微量フッ素をエナメル質に作用させて歯を強くすることです。

 

 「健康日本21」という法律が制定され、2010年までに日本の子どもの90%以上がフッ素の入った歯磨き剤を使えるようにしようという目標が立てられた時から、かなり多くの歯磨き剤の中にフッ素が入りました。それ以前は、あまり入っていなかったのです。今も、フッ素が入っていない歯磨き剤はあります。入っているかどうかは、歯磨き剤のラベルやケースを見れば分かります。エアーコンプレッサー

 

 次に、普通の歯ブラシで磨くときは、乾いた歯ブラシで磨いてください。水でぬらしてしまうと、歯磨き剤の中に入っている発泡剤が作用して、口の中でぶくぶくと泡立ちますから、あっという間に唾液が出て、すぐに吐き出したくなるのです。乾いた歯ブラシに直接歯磨き剤をつけて磨けば、30秒は長く磨けます。必ず、乾いた歯ブラシに、15歳以上であれば2センチ、歯磨き剤をしっかりつけて、それで磨いてもらいたい。6~14歳では1センチ程度、3~5歳では5ミリ以下、2歳以下の赤ちゃんだったら(赤ちゃんの)切ったつめ程度の少量の歯磨き剤をつければいいと思います。



http://athena.namjai.cc/e206217.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R