忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

子宮の状態を観察してから

 検査と手術が一度に済むなら、患者にとってはありがたい。林医師は子宮鏡以外にも多数の「Lin式器具」を開発している。子宮内の病変組織や内膜をつまみやすい鉗子(かんし)も、その一つだ。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

「患者さんにできるだけ痛みを与えないため、どの医師が使っても差が出ないよう、カーブや細さを工夫しています」(同)エアーコンプレッサー

 

 人によっては痛みを伴う子宮内膜細胞診も必要に応じて行うが、その際も子宮の位置と形状をエコーで丹念に観察しながら、ゾンデという器具で子宮の長さや向きの見当をつけるという。

 

「サポートしてくれる看護師からは『先生の検査はややこしい』と言われます(笑)。たとえば子宮後屈の人に器具を真っすぐ入れたら確実に痛い。時間をかけて子宮の状態を見るようにしています」(同)

 

 記者は2011年、林医師のもとで子宮筋腫の子宮鏡下手術を受けた。手術前の子宮鏡検査も、一部では「激痛」といわれる術前の子宮頸管拡張処置も、いつされたのか分からないほど痛みがなかった。林医師によれば、器具を挿入しやすい子宮だったというが……。

 

「子宮の状態や痛みの感じ方には個人差があり、万人に無痛を保証できるものではありません。ただ私には患者さんの痛みを軽減する義務があると思っています。その方が結果的に検査や治療の精度も上がるのです」(同)



http://athena.namjai.cc/e209392.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R