忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

皮下脂肪から歯茎を再生する研究結果

歯茎を再生出来る時代が来るのか
歯周病で失われた歯茎などは、今までは再生することは難しいとされてきました歯科レンチ式。しかし、患者本人の皮下脂肪から抽出した幹細胞を移植して歯茎を再生するという、世界初の臨床研究を大阪大歯学部付属病院の教授グループが始めたようです。
現時点では動物実験では再生効果が確認されており、厚生労働省のヒト幹細胞に関する審査委員会に研究計画を提出したようです歯科手術用照明LEDライト
Saab®歯科手術用LEDライト・手術用照明器P103A(28w)
認められれば年内にも実施し、安全性や有効性を確かめていくようです。
歯周病は成人の約8割がかかる病気と言われており、人が歯を失ってしまう多くの原因となっています歯科手術用照明LEDライト
歯周病の感染によって、歯茎とその下の歯槽骨やセメント質などの歯周組織が破壊され、それが原因で口臭がきつくなってしまいます。
その臨床研究の内容というのは、中等症から重症の患者12人が対象とし、局所麻酔をした患者の腹部から皮下脂肪を30~10cc採り、歯周組織の元になる幹細胞を抽出し、そして3週間に培養した後、歯槽骨が欠けた部分に移植します。
臨床結果がどのようになるのか大変楽しみですね。
関連記事

抜髄した歯の神経が復活?世界初の臨床実験

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R