忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

歯のエナメル質の人工形成に成功 虫歯治療に応用へ 東北大

東北大学は11月7日、人体の歯の表面にあるエナメル質形成の仕組みを解明し、人工的にエナメル質を形成することに成功したと発表した。虫歯治療や歯の再生技術への応用に期待できるという。
COXO®歯科インプラント用コントラアングルCX235C6-9(倍速20:1)
エナメル質は、歯の最外層にある人体で最も固い組織。骨や軟骨といった硬組織とは異なり、皮膚の上皮細胞や毛、爪と同じく「歯原性間葉細胞」と呼ばれる上皮細胞によって形成されているのが特徴歯科用インプラント装置
 実験では、歯原性間葉細胞に発現するタンパク質の一種「エピプロフィン」が全身に発現するよう、実験用マウスの遺伝子を操作した。すると通常のマウスではみられない場所にエナメル質が形成されたほか、歯のかみ合わせや形にも異常が認められた。研究チームによれば、エピプロフィンは歯の発生過程で細胞増殖因子「FGF9」「SHH」の発現を誘引し、歯原性間葉細胞の増殖を促進させていることが明らかになったという。
オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2177-b0-歯科手術用照明LEDライト.html

 エナメル質は失ってしまうと再生することは不可能であり、現在までの治療では、金属やレジンなどの人工物による修復が行われている。研究チームは、虫歯で失ったエナメル質の再生や歯冠や歯根の形を制御できる技術への応用を目指すとしている。
関連記事

“朝の歯磨き”はインフルエンザ予防の新習慣!《歯科医師推奨》

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R