忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

医師歯科医師会館 建替え

(一社)鶴見医師歯科医師会(岩木一晃理事長)が所有し、市民への貸し出しなども行われていた鶴見医師歯科医師会館=鶴見中央1の16の5=が、建て替えとなることがわかった。来春竣工予定 で、新築後は保育園も整備される。築50年以上が経過し、耐震性の懸念もあった同会館。会員らは「待望だった」と喜んでいる。
貸しホールも併設
建設される新会館は、鉄筋コンクリート造3階建ての計画で、1階を同会館として利用。これまで同様、両会の研修や各事業での活用のほか、100人規模の貸しホールを併設し市民への貸し出し なども実施する予定だ。歯科レンチ式
2・3階には、定員60人の認可保育所を設置。運営法人も内定しており、来年4月1日の開所を目ざすという。また、災害用マンホールトイレも3カ所設置する。
耐震性の問題もあり、以前から建て替えの話はあがっていたが、費用面が課題となり前に進まなかったという。今回、子育て世帯の増加から周辺で保育所の整備場所を探していた区と要望が合致。 横浜市の補助事業を活用することで、建て替え実現にいたった。
岩木理事長は「耐震補強するなどしてきたが、老朽化は止まらなかった。建て替えは待望だった。保育所整備で社会貢献もできる」と話した。
合同は全国でも珍しく
鶴見医師歯科医師会館は、同じく鶴見神社横にあった最初の会館(1949年建設)が、横浜市の土地区画整理事業の対象となったことを受け、1962年に移転し完成。鉄筋コンクリート造の2 階建てだった。
医師会、歯科医師会合同での建設は、最初の会館の時から行われ、合同建設は全国で初めてとも言われたという。
親しまれた施設
当時、旧会館には冷暖房がつき、和室、洋室、講堂など、その設備は区内トップクラスだった。それまで区内の集会施設は公会堂のみだったこともあり、駅前の好立地も作用して区民利用者も増え ていった。歯科手術用照明LEDライト
完成から2年後にはグランドピアノを設置。子どもたちのピアノ発表会の会場などとしても活用された。
飛躍の拠点に
同会が72年に発行した新会館設立十周年記念誌の中には、保険医総辞退という問題が起こったとき、連日連夜、対策協議の場所となったとあり、会館の重要性を説く記述がある。
「会館設立により10年来、法人鶴見医師歯科医師会の主柱として、地域医療活動に、会員相互の親睦に、地域住民の福祉対策に幾多の大きな役割を果たし、横浜随一のものであったと言っても過言 ではないだろう」
(同記念誌より抜粋)
長らく拠点として両会の発展を支えてきた会館。12日から解体工事が始まっており、8月中旬から来年3月末まで、建築工事が行われる予定だ。

素敵女医のこだわりアイテム 注目の歯のグッズとキーワード②歯ブラシ
PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R