忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

マダニの除去には殺虫剤が有効だったが、最近では薬剤耐性のマダニが出現しているようだ

 刺されたり吸血跡があったりし、発熱や発疹などが出たら早いうちに医療機関などを受診して適切な治療を受けたほうがいいだろう。マダニの除去には殺虫剤が有効だったが、最近では薬剤耐性のマダニが出現しているようだ。根管長測定器

 

 マダニに何度か咬まれると、その動物に寄生したマダニがやせ細ったり死滅したり卵を生みにくくなったりする免疫反応が起きることが知られてきた。マダニに対して血を吸いにくくするなどの耐性を持つようになるというわけだが、さらにこの免疫反応によってマダニ媒介感染症のリスクも低減させることもある根管治療機器

 

 こうしたメカニズムを理解すれば、マダニによる感染症予防に役立つだろう。最近、東京医科歯科大学などの研究グループが、マウスを使った実験によりアレルギー反応で放出されるヒスタミン(Histamine)がマダニへの耐性に重要な役割を果たしていることを解明した(※4)。

 

 ヒスタミンは、花粉症や気管支喘息といったアレルギー症状を引き起こす細胞(肥満細胞、マスト細胞)やアレルギー反応に重要な役割を果たす好塩基球(白血球の一種)などから放出される生理活性アミン(生理的調整機能に作用する物質)の一種で、通常は筋肉の収縮や消化器官の活性化、血圧調整などの作用に関係している。だが、ヒスタミンが大量に放出されると、炎症やアレルギー反応を引き起こす。



http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/07/3d-edbe.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R