忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

ネアンデルタール人が鎮痛剤、歯石分析で検出

ネアンデルタール人が歯石予防用の歯磨き粉を使っていなかったのは幸いだった。
 歯垢が石灰化した歯石は、私たちにとっては厄介者だが、人類の進化の過程を研究する微生物学者にとっては宝の山である。ベルギーとスペインで発見された3体のネアンデルタール人の化石に付着していた歯石から研究者たちが動物と植物と細菌のDNAを抽出し、その分析結果を3月8日に科学誌『ネイチャー』オンライン版にて発表した歯科手術用照明LEDライト。論文によると、彼らが食べていた動物や植物のDNAのほかに微生物のDNAも含まれていて、彼らがどのように暮らし、どのような病気になっていたかについて、驚くほど多くの情報が明らかになった。
ベルギーのネアンデルタール人の歯石からは、野生のヒツジと1万年ほど前に絶滅したケブカサイのDNAが確認され、食生活が肉に偏っていたことが示された。一方、スペインのネアンデルタール人は、主としてコケ、松の実、キノコなど菜食中心だった。
さらに興味深いのは微生物だろう。歯科用切削研磨セットオーストラリア、アデレード大学の微生物学者ローラ・ウェイリッチ氏が率いる研究チームは、ネアンデルタール人の歯石のマイクロバイオーム(ある環境にいる微生物のまとまり)からDNAを抽出した。
Toboom®HP貴金属材研磨用ポイントセット-HP0405E
「マイクロバイオームを調べることで、ネアンデルタール人が日常生活の中でどんなものに触れていたかが分かります。どのような病気になり、どのような薬で治療していたかもです」とウェイリッチ氏。
例えば、スペインのエル・シドロン洞窟で暮らしていたネアンデルタール人は厄介な細菌のせいでつらい思いをしていたらしく、治療に植物を使っていた可能性がある。
この個体からはMethanobrevibacter oralisという古細菌の亜種が見つかった。歯周病の病原菌だ。同じサンプルからポプラのDNAも見つかっている。口腔内照明器 ポプラはサリチル酸(アスピリンの有効成分)を含んでいるため、おそらく鎮痛作用を求めて摂取していたのだろう。
 また、Enterocytozoon bieneusiという下痢と吐き気の病原菌もいた 。同時に、アオカビの一種Penicillium rubensのDNAが植物質の中に見つかっており、治療につながる抗生物質の素として摂取していた可能性がある。
鎮痛剤や食べ物は新発見ではない
 古代人の暮らしに関する手がかりを得るために歯石を調べるというアイデアは何十年も前からあった。今回の論文の共著者であるキース・ドブニー氏は、1980年代からこの手法に取り組んできた。
 しかし、古代人の歯石に隠された真実を研究者たちがしっかり読み取れるようになったのは、強力な顕微鏡検査法と正確な遺伝学的分析が可能になってからである 。ウェイリッチ氏によると、ほんの10~15年前までは、歯の標本が新たに発見されると、博物館や研究室では歯石を除去していたという。当時の科学者たちは、歯石ではなく歯そのものの成長や摩耗のパターンに興味を持っていたからだ。
実は、ネアンデルタール人が肉も野菜も食べていたことや薬草を摂取して病気を治療していたことは新しい発見ではない。歯のエナメル質の窒素同位体比の測定や、歯の間に詰まった植物の食べかすの分析から、すでに分かっていたことがあらためて確認されただけである。
関連記事

歯科医院に通院したことがない人は約4%

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R