忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

歯の神経の創傷治癒を促すメカニズムを解明-できるだけ削らない治療へ

新潟大学は、歯の中にある歯髄と呼ばれる神経組織の傷の治癒期における、炎症や痛みに関与する生体内物質プロスタグランジン E2の輸送経路と新たな役割について明らかにしたと発表した。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

同研究は、新潟大学医歯学総合病院の大倉直人助教らの研究グループによるもので、同研究成果は、731日にネイチャーパブリッシンググループの英国科学誌「Scientific Reports」で公表された。エアーコンプレッサー

 

むし歯は進行すると歯の内部組織である歯髄に波及し、炎症や痛みを生じる。歯科医師は、むし歯による感染が歯髄にまで達してしまうと歯髄を除去し、いわゆる"神経を抜く"治療をするが、この除去は歯をやむを得ず削ってしまうため物理的に歯を脆弱化させ、将来的に喪失リスクが高まってしまう。そこで、歯髄自身が持つ高い自己治癒力を利用した「できるだけ歯を削らない」治療法を考えたということだ。


http://athena.namjai.cc/e208930.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R