忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

医療支える市民委員を養成 NPO法人が東京で講座

 患者の主体的な医療参加を進める活動をしている認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル、大阪市)が、医療関連の委員会や検討会に一般市民の代表の委員として参加し、意見を述べることができる人材の養成を始める。家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

 7月から10月まで、東京で計7回の連続講座を開催。「受講を終えて一定のレベルに達した人たちをコムルに登録し、市民委員を求める行政や医療機関などに紹介することを考えている」(山口育子理事長)という。

 

 近年、医療や研究の社会的、倫理的な側面を検討する場に、学者らだけでなく患者や一般市民の参加が求められるようになってきた。しかし、医療制度など議論の前提となる基本的なことを理解し、その上で市民の立場から冷静かつ客観的な意見を述べることができる人材は不足している。そこで、養成に乗り出すことにした。エアーコンプレッサー

 

 講座は、厚生労働省関連の審議会などを傍聴したり、議事録を読んだりして現状を学んだ上で、ディベートの訓練や、模擬検討会への参加を通じて、市民委員として議論に貢献できる実践的な能力を養う。講座は1回3時間で、7回を通した参加費用は計3万5千円。

 

 実際に委員として活動するには、医療制度や薬などに関する基本的な知識を身に付けていることが望ましいため、今回の委員養成講座に参加するには、コムルが以前から開講している、医療の基本や市民参加の意義について学ぶ基礎コース(計5回、費用1万5千円)を受講、修了していることが条件になるという。


http://athena.namjai.cc/e208799.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R