忍者ブログ

歯科研磨機

歯科器具激安歯科用研磨機通販

前歯が欠けたり抜けたりしたとき、まずは牛乳につける、というのは一般的な方法なのですか。

教科書への記載、国家試験にも出題されているのでかなり一般的です。

 

基本的な対応として、歯が抜けたり、根元近くから欠けたりした場合は、「歯牙保存液」または「生理食塩水」、「牛乳」に浸漬します。根管長測定器

 

緊急対応としては、最も日常的に身近にあるものとして「牛乳」が良いと思われます。牛乳がないときは、患者の舌下部に静かに置いて、来院してもらいます。

 

歯科的には、「歯牙保存液」(ティースキーパー「ネオ」)が最も推奨されます。小学校や中学校の保健室に常備されているところもあるようです。根管治療機器

 

ーー牛乳につける理由はなんですか。

 

浸透圧だけでなく、pHも体液に近似しているからです。

 

ーーこの場合、温度は常温または、体温に近いほうがいいのでしょうか。

 

常温が望まれますが、脱落歯に付着した微生物の繁殖を抑制するため、気温が高い場合は、保冷剤などで冷やした状態が良いと考えます。

 

ーー長い時間は持たないと思いますが、最大で何分ほど持ちますでしょうか。

 

30分以内が望まれます。衛生上というよりも、早ければ早いほど再植できる可能性が高まります。歯根膜(歯を支えている骨と、歯根の間にある薄い膜)の状態によりますが、統計的には60分くらいまでですと予後がいいようです。



http://teeths.blog.bbiq.jp/blog/2018/06/post-d18a.html

PR

コメント

プロフィール

HN:
teehs
性別:
非公開

カテゴリー

P R